純愛小説家 スワッピング体験記

みんなの評価:
レビュー:
1件
お気に入り:
25人
収録:
73分
発売(配信開始):
2006/03/03(2013/10/13)
レーベル(メーカ):
出演:
監督:
ジャンル:

第1話「大正浪漫~スワッピング指南」~大正十二年、一人の官能作家がいた。佐伯晴夫―処女作「猟奇回廊」で華々しくデビューしたが、その後は鳴かず飛ばずの日々が続いていた。そんな彼のもとに安藤夫婦が官憲に追われて逃げ込んで来る。彼らが催す、蔵の中で行われる背徳の宴に、佐伯は新たな才能を開花させようとしていた・・・。第2話「夫婦交換の夜明け」~傑作を書くきっかけを掴んだ佐伯だったが、まだ何かが足りない。安藤からスワッピングに参加しないかと誘われた佐伯だったが、妻の文子は了承するはずもない。文子は軟禁され、性の解放へと導かれる。新しい性の夜明けが幕を開けようとしている・・・。 / 純愛小説家 スワッピング体験記

SDパック(スタンダードパック)

無料サンプル画像 この動画のサンプル画像はクリックで拡大できます。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

  この動画を買った人はこんな動画も買っています。

ユーザーレビュー(1件)

評価する
並び替え
  • 1

1 件中 1 - 1 件

表示数:  件

レトロなエロさ

投稿者:すすめパイレーツ 追加日:2014/02/11

3組でのスワップ乱交シーンなどもはいっているのでAVには違いないのでしょうが、モザイクも必要ない撮り方の上、ストーリー主体でHシーンが従という作品でした。でも大正時代の女性の普段着の着物はたまにみるといいですね。特に、白い肌に真っ赤な長襦袢はなまめかしく、刺激的でした。3名の女優さんもそれぞれレトロなエロさがでていましたね。一方、Hシーンの編集があらく、気が付いたら挿入していたというシーンの切り替えもいくつかあり、もりあがるきっかけをのがしているのはAVとしてはイマイチでした。

0人(0人中)がこのレビューを「参考になった」と答えています。
参考になりましたか?はいいいえ報告する
  • 1

1 件中 1 - 1 件

表示数:  件