うちの妻・T佳子(24)を寝取ってください 26

みんなの評価:
レビュー:
1件
お気に入り:
66人
収録:
150分
発売(配信開始):
2013/08/02(2014/02/02)
レーベル(メーカ):
シリーズ:
ジャンル:

羞恥心と背徳感・・・葛藤する人妻は夫の寝取られ願望を叶えられるのか。妻とハメ撮りして、その全てを見せて欲しい・・・。スワッピング愛好サークル主催者に持ちかけられた「寝取られ」の依頼。今回の相手はT佳子(24歳)、結婚2年目、子供無し。夫が事故でEDに、それから寝取られ願望に目覚めた為貸し出され、暗い面持ちの人妻。夫の為ならと他人に抱かれるものの、なかなか自分を解放できない。事後、玩具を使われると強烈な刺激に堪えられず悶絶絶頂。再び男根を挿入されると、打って変わって乱れまくり何度も絶頂を繰り返す。 / うちの妻・T佳子(24)を寝取ってください 26

SDパック(スタンダードパック)

無料サンプル画像 この動画のサンプル画像はクリックで拡大できます。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

  この動画を買った人はこんな動画も買っています。

ユーザーレビュー(1件)

評価する
並び替え
  • 1

1 件中 1 - 1 件

表示数:  件

いつもの段取り/色んな凌辱

投稿者:妊婦凌辱処女凌辱 追加日:2015/02/15

いつもまったく同じ手口で、同じ旅館の同じ部屋で、それぞれに美しい人妻を凌辱するシリーズ。夫の「寝とられ願望」を理解したいと「話だけでも」とやって来るのだが、どの人妻の場合も真新しい下着をつけて来ているのが痛々しい。「勝負下着」は日本の文化であろうか?

冒頭、バッグに隠したビデオカメラが舗道のタイルを追うカット。新宿駅、多分南口だ。続いていつも同じあの柱の影に、そう、今回の女だ。舐めるように下半身から上にティルト。胸のあたり、そして顔。「失礼ですが〇〇さんの奥様ですか?ご主人の友人の◉◉です。」「こんなところでは眼につきますので、クルマで来ていますからそちらで。」渋谷道玄坂辺りと思われるホテルまで約20分の道のり。社内で白々とした眼で、男に目をやる人妻。怖れと好奇心、それに値踏みを微妙にしている。性とは女にとって計算だ。体でYesを言わなければならない状況でも生理的に受け入れられる男かどうか品定めする。それが女だ。そんな打算のあるなしにかかわらず、もれなく胸を開かれ、性器の奥まで剝かれて玩具にされて行くいつもの展開。見ないうちから期待でワクワクする。

今回の人妻、亭主は交際/結婚期間4年を経てなお、週四五回をこなすという強者、なおかつ戸外での性行為などもたしなむという奥さん愛好家が、オートバイの事故で海綿体を傷付け、勃起不良となったことへのワラにもすがる思いで、「その日のうちに」は了解済み。ならば、と、凌辱劇は遠慮会釈もなく展開して行く。性器や肛門を晒すことを予期して、シャワーを、と願う女の心掛けがケナゲに愛おしい。

人妻が心に描き、覚悟もして来たであろうことを上回って心もカラダも奥の奥まで開く。乳、尻、女性器、剝いていきながら卑猥な言葉であげつらい、品定めしながらネットリといたぶる。玩具にして行く。弄ぶ。ハカナイ抵抗や羞恥する姿をニタニタ笑いながら。それがこの男のやり口。縄鞭ローソク、浣腸器、どれも使わない究極なSM凌辱劇がここにある。

3人(3人中)がこのレビューを「参考になった」と答えています。
参考になりましたか?はいいいえ報告する
  • 1

1 件中 1 - 1 件

表示数:  件